カリウムサプリがむくみを解消する仕組み

mukumikaisho

体内に存在する栄養素の中で必須のミネラルとされるカリウムは、ナトリウムと結びつくことで体外に排出させる働きをもちます。このカリウムは人体に大きな影響を与え、上手く摂取することでむくみの解消になるとされます。

非常に大切な働きを持つカリウムは、現代の食生活において不足しがちな栄養素とされ、十分に摂取できていない人が多いようです。

ナトリウムは同じくミネラルのひとつで塩分のことを指しますが、ジャンクフードや加工食品に多く含まれていて、これらを好んで摂取すると大量のナトリウムが体内に保存されます。

バランスの取れた食事を取っていれば、カリウムとナトリウムは体内でバランス良く維持されているものですが、現代社会の食生活では塩分の高い食事が中心となっているため、高ナトリウム、低カリウム状態となってしまいます。

カリウムが足りないと体内にどんな変化と影響があるのか?

カリウムが足りないとナトリウムが体内に残ったままとなり、血液中の塩分の濃度が上昇してしまうため、体が自動的に薄めようとして水分を増やすようになります。

血液中の水分が増えることによって、血管壁から水分がにじみ出しやすくなり、結果的にむくみを発生させる原因となるのです。

体内でカリウムが十分量あれば、ナトリウムと結びついて尿から排泄されるようになるので、無理な水分の調節はされずむくみ等は解消されるようになります。

また、生活習慣病のひとつである高血圧症の予防にもなるので、健康を維持するためにはカリウムの摂取は重要なことです。

厚生労働省が推奨するカリウムの年間の摂取量は、成人男性で2,500mg、女性で2,000mgとされていますが、この量を摂取するためには多く含む食品を積極的に食べる必要があります。

しかし、カリウムが含まれる食品は主に緑黄色野菜で、本来なら野菜を中心とした食事をするのが健康的と言われますが、価格が高騰して手軽に購入できない、偏った食生活を続けている、ダイエットのために食事制限をしているといった人が多く、簡単に摂取することが難しいようです。

食事によって摂取するのが最も良い方法ですが、事情があって摂取するのが難しい場合はカリウムサプリを利用して必要量を定期的に摂取し、むくみ解消をするのがおすすめです。

ちなみに、カリウムサプリは健康食品なので、いつでも飲むことができますが、効率の良いタイミングとしては、吸収率の高まっている食事中か食後30分までに飲むのが良いとされます。

ただし、サプリメントはあくまで補助的な食事となるので、基本は野菜など栄養バランスのとれた食事を行うようにしましょう。


出産後のむくみを解消するおすすめの方法

産後、以前は無かったむくみが生じやすくなり困っていたりしませんか?

特に下半身がむくみやすくなる方が多く、履けるはずのパンツや靴が履けなくなって着るものに困ってしまうことがあります。また、パンパンにむくんでしまうと太ったように見えてしまうこともあります。

そのようにむくんでしまう原因の一つは、骨盤の歪みです。

骨盤の歪みが出産後のむくみを誘発するしくみ

女性は出産の際に赤ちゃんを産みやすいよう骨盤が左右に広がります。そして、出産を無事に終えると徐々に戻っていくのですが、この際にきちんと元通りにならないことがよくあります。

そして出産後は育児に追われ、毎日忙しく過ごすことが多くなります。すると骨盤ケアを怠りがちになってしまいます。

特に授乳中は気をつけないと姿勢が悪くなってしまい、それが習慣化すると骨盤も元に戻るどころか、歪んだまま固定してしまうことがあります。すると下半身周りの血流やリンパの流れが歪みが生じたことによりスムーズに流れなくなるのです。

そうなると代謝が低下し、体内の水分の巡りも滞ってしまうため、下半身にむくみが生じやすくなってしまうのです。

つまり、出産による骨盤の歪みが原因となっているのです。

骨盤は産後数ヶ月が一番動きやすくなっているので、この際にきちんと骨盤ベルトや矯正サポーターをしていれば元に戻りやすいのですが、その機会を逃すと歪んだまま固定してしまい、自分ではなかなか治せなくなってしまいます。

だからと言って放っておくと、症状は改善されず悪化する可能性もあります。そして体内の巡りは悪いままなので代謝が低下して下半身太りになってしまうこともあります。

また、この状態では冷え性も生じやすくなり、身体にとって良いことは何もありません。

産後のむくみ解消は骨盤矯正から

そこでおすすめのむくみ解消法が、骨盤矯正です。矯正と言うと力づくで行い、痛みが生じるとイメージする方も多くいますが、実際はそうではありません。

整骨院などで受けられる骨盤矯正はきちんと資格を持った専門家がソフトに施術を行ってくれるので、痛みはありませんし、確実に歪みを矯正できます。

それにより血流やリンパの流れもスムーズになるため代謝が促され、痩せにくかった体質は痩せやすい身体になる効果もあります。また、全身の巡りも良くなるため、冷え性も改善されます。

このように、骨盤矯正をすると女性に嬉しい効果もたくさんあります。

産後に生じるようになった下半身のむくみをきちんと解消するなら、専門家による骨盤矯正がおすすめの方法です。


足のなかでも足首がむくむ人の原因と改善方法

足のむくみというものは、一般的によくある症状ですが、足首がむくむという場合もあります。

足首がむくむ原因というものは、基本的には足全体の血行が悪くなることで起こることが多いですが、たとえば1日中立ち仕事をしているなどの疲労が原因となっている場合もあります。

ほかにも、歩くときに履いている靴が合わないといったこともむくみの原因になることがあります。

ですから、自分の合う靴を履くということが大切になってくるわけですが、立ち仕事をしている方も、適度に椅子に座るなどの休憩をとるように心がけることが重要です。

足のむくみを解消するためにまず気をつけたいポイント

このように、足首のむくみの原因としてあげられますのが、足全体の疲労からくるものと考えることができますが、改善する方法はほかにもあります。

と言いますのも、そもそも足首のむくみというものは、血行の悪さが原因になっているわけですから、身体の血行を良くする食生活に切り替えるということも大事なポイントになるわけです。

日々の食生活を見直すことによって、足首のむくみが改善されたというケースはたくさんありますので、まずは食生活につきましても見直してみることが必要です。

具体的には、野菜やくだものなどのビタミンがたっぷり入ったものを食べることが推奨されています。ビタミンには、身体の疲労を回復するはたらきもありますし、血糖値をととのえて血行のバランスを良くすることでも知られていますから、とくに野菜やくだものを摂取することが大事です。

やはり運動不足は足のむくみの大敵

そのほかにも、肥満も原因のひとつになることが多いですから、太っていると自覚している方は、ダイエットをおこなうことも改善方法の手段になります。

このようなことから、食生活を見直すとともに、ダイエットをすることも大切なことであるのは確かです。足首のむくみには、運動をすることもポイントになってきます。

運動不足のために身体が疲れやすくなっているということも考えられますので、ウォーキングなどの手軽にできる運動からはじめてみることをおすすめします。

ウォーキングの場合ですと、足全体の運動になるだけではなく、全身運動にもなりますので、体重減少などのダイエットの効果も期待できますから、大いにメリットがあると言えます。

このように、足の症状に悩んでいる方は、疲労回復の手段として適度に休憩をするということと、野菜やくだものなどを摂取するように食生活を見直すということと、さらにはウォーキングなどの全身運動をするなどしてダイエットをおこなうことが、症状の改善につながりますので、試してみることが大切です。

いずれにしましても、身体の不具合のなかで足に症状が集中する理由としましては、重力が関係していることもありますので、やはり立ちっぱなしの姿勢は足に良くないということがわかります。

ですから、食生活やウォーキングなどの運動をすることはもちろんですが、仕事中であっても適度に座るということが大事であることは確かです。


むくみやすい人とむくまない人は何が違うの?

日々の生活の中で、筋肉を使うという場面はたくさん存在します。筋肉を使っていくことによって動いていくことができるのですが、運動をしすぎると足や腕がむくんでしまって困っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、たくさん体を動かしても全くむくまないという方もいます。そこでむくみやすい人と、むくみにくい人とではどのような違いがあるのかについて知っておかれるといいでしょう。

むくみ解消の第一歩はしっかりとした休養から

まずしっかりと休養を取ることがむくみに関係してきます。例えば入浴の方法が挙げられます。

入浴の際に湯船に浸かってしっかりと体の疲れを取ることができれば、むくみを抑えることができます。湯船に浸かれば全身の体温を上げることができ、代謝をよくすることができます。

代謝をよくすることができれば、老廃物の排出を行うほかに体の疲れを効率よく落としていくことができますので、毎日の入浴をシャワーで済ませているというのであれば、湯船に浸かるようにされるといいでしょう。

塩分を減らすこともむくみ解消には大切な要因

また、食事によっても違いが出てきます。食事の際には様々な食べ物を食べられると思われますが、塩分摂取が関わってくることがあります。

塩分を摂取しすぎると、それが原因となりむくんでしまうことがあります。ですので食事で塩分を撮りすぎてしまったと感じたのであれば、塩分を体の外へ排出する働きのあるカリウムを含む食べ物を食べていくようにしましょう。

これは果物や野菜に多く含まれていますので、食後にでも軽く食べて枯れるといいでしょう。

水分は積極的に摂ったほうがいい?

そして以上にあげた違いの他にも、水分摂取が関わってくることがあります。水分を摂取することによって血液をサラサラにできますが、中には水分摂取を怠っているという方もいます。

そうなってくると、血液がどろどろになってしまい、それがむくむ原因となってしまいます。そのため予防していくためにも1日に1.5リットル程度の水分を摂取するようにしましょう。

これらの違いを把握しておくことで、今後の対策を考えていくことができるでしょう。

もしかすると、今までに悪い方向に進んでしまう行動ばかり取られてきたいという方もいらっしゃるはずです。

しかし、これらの違いを把握することができたのであれば、むくみを解決する方法も見えてくるのではないでしょうか。

女性の多くの方たちが悩まれている問題ですので、以上に挙げたものについて理解した上で対策を考えていかれると、余裕を持った行動ができるようになるでしょう。